昔からある病気

痔の歴史

近年発症数が増えている痔の歴史は日本だけでなく世界でも文献があるほど昔からある病として伝わっています。まず日本や中国といった仏教の国においては痔の漢字の中に寺が入っているように、この病は寺の住職が座禅を続けることで肛門部分に負担が大きいことによって発症して痛みに悩んでいることから作られた漢字から作られたものです。そして世界でも現在のような水洗トイレではなかったときには日本の和式トイレのような形で排出していたことから患者数が多く、そのため世界各国の遺跡からは痔の治療に使った薬の材料や器具も発見されるほど時代問わずに悩みとしてあったと言えます。そして病として認知されていなかった時代の治療法としては焼き切ることで血を排出する方法のため合併症と共に激痛が伴うため悪魔の手術と呼ばれていたのですが、その状態が変容したのが病として認知される1940年代でこのころから東洋では漢方を使った改善や西洋では焼き切らないで治す手術の方法が確立されたのです。

現在とこれからの痔の動向と予測

昔から悩みとしてあった痔は発症する人数は増加傾向にあり、その理由は痔が発症する原因が関係しています。これまでの原因は先に言ったとおりに便を排出する際に肛門部分に負担がかかることで発症していたことが原因ですが、現在では立ち仕事や座る仕事が続くことでの肛門部分の負担や大腸に負担のかかる塩分や辛い物の取り過ぎによる影響によって増加している原因となっています。この痔の動向としては原因が多岐にわたっていることで患者数が増加傾向にありますが、しかし昔と違い医療技術の進歩や対策が構築されることによって一時的に治っても再発率の高い痔ですが大腸や肛門の状態を改善する軟膏や手術をする際にもきるのではなくレーザーを利用した方法などによって再発なく完治できると予測されます。